全少協紹介

ごあいさつ

岩井会長 山田理事長
会長 岩井 宜子 理事長 山田 晋作

日本の将来を担う少年が明るく健やかに育つことは、国民すべての願いです。

しかし、少年に有害な情報の氾濫など、現代社会は少年を取り巻く環境は必ずしも適切なものばかりとはいえず、大人たちの中にも物質中心の価値観や、ともすれば無責任ともいえる社会風潮が広がっております。そのため、他人を思いやる心が薄れがちとなり、家庭や地域社会の教育力も弱体化していることを憂慮いたします。

こうした状況の中、少年の非行を防止し、健全な育成を図るための活動を行うボランティアの役割は、これまで以上に重要なものとなっています。

とりわけ、少年警察ボランティアは、街頭補導、環境浄化、少年の居場所づくりを始め、地域に密着した活動のリーダーとして、また、安全で明るい社会を構築する核として、その活動がますます期待されています。

全国少年警察ボランティア協会は、少年の非行防止と健全育成を目的に結成されて以来30年余の間、関係機関と連携しつつ、ご理解をいただいている団体、企業などのご支援を得て、全国レベルの事業を推進するとともに、日頃地域で活動を展開している少年警察ボランティアを支援するなど、広く活動を続けてまいりました。

そして平成23年5月には、不特定かつ多数の人々の利益の増進に寄与する公益目的事業を適正に実施し得る団体として、公益社団法人の認定をいただいておりますので、犯罪や非行のない安全で明るい社会づくりを目指し、いちだんと活動を進めてまいりたいと考えます。

当協会の活動にご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


Copyright (c) 2015 zenshokyo All rights reserved.