活動紹介

研修会

少年警察ボランティアの育成、知識や技能の向上などを目的として、さまざまな研修会を行っています。

▲ページ内リンク

立ち直り支援ボランティア

リーダーシップ研修会

都道府県少年警察ボランティア協議会(県少協)から、地域のボランティア活動のリーダーとしての役割を期待されている人として推薦のあった者と警察職員を対象に、立ち直り支援に関する意識の喚起、必要な知識等の研修を目的とした合同研修を毎年度実施です。
平成23年度までの「全国少年警察ボランティア・ニューリーダー研修会」に替わる事業として、平成24年度から開催されています。

バックナンバーはこちら

平成27年度の実施内容

研修会

立ち直り支援ボランティア・リーダーシップ研修会を開催

警察庁少年課主催・公益社団法人全国少年警察ボランティア協会協力による「立ち直り支援ボランティア・リーダーシップ研修会」が、2月9日、グランドアーク半蔵門(東京・千代田区)で開催されました。研修会には、全国から少年警察ボランティア47人と警察職員等合わせて計103人が参加しました。

冒頭には、警察庁の小西康弘少年課長のあいさつに続き、来賓である同協会山田晋作理事長があいさつしました。

引き続き、大阪府西成地区少年補導協助員連絡会会長の又野信也氏と大阪府少年課少年育成第二担当課長補佐の金山芳文氏、広島県廿日市警察署管内少年補導協助員連絡協議会会長の塚迫たか子氏、群馬県高崎警察署少年補導員連絡会女性部長の原田けい子氏、京都府少年警察学生ボランティア「KYO-SOLEIL」の齋藤絢子氏と京都府少年課少年支援係長の竹内敏晃氏、鹿児島県大学生少年サポーターの伊藤ひかる氏の7人が事例発表者として登場。

事例発表者は体験や活動を通して学んだ少年の立ち直り支援について、それぞれの立場から意見を発表するとともに、全国から集まった参加者からの質問や意見にも応えながら、活発な議論が交わされ、最後に:警察庁指定広域技能指導官 佐賀県警部の桑原宏樹氏が講評を行って締めくくりました。

※なお、詳細は「みちびき」142号(4月発行)に掲載されます。

▲上に戻る

少年警察ボランティア

地域ニューリーダー研修会

少年警察ボランティア活性化事業の一環として、ニューリーダー研修会の地区版として実施されたものです。(平成14年度から17年度まで)

バックナンバーはこちら
▲上に戻る

少年警察学生ボランティア研修会

少年警察ボランティア活性化事業の一環として、平成14年度よりスタートした大学生ボランティア体験学習は、18年度から学生ボランティア研修会として、年1回、東日本地区、西日本地区で交互に行われています。

※この活動には(公財)日工組社会安全財団の助成を受けています。

バックナンバーはこちら

平成28年度の実施概要

全国少年警察学生ボランティア研修会(近畿~九州地方)開催

少年警察ボランティアに参加する意義 ~大学生として、今、何ができるか~

平成28年9月9日、福岡県福岡市の博多サンヒルズホテルにおいて近畿地方から九州地方の少年警察学生ボランティアを集めた全国少年警察学生ボランティア研修会を開催しました。

8月末現在、全国で3,021人を超える少年警察ボランティアの大学生が、各地の青少年の健全育成、立ち直り支援活動等の現場で活躍しています。

この日の研修会には、23府県の大学院生を含め50大学の学生ボランティア96人の他、大学教職員や県警職員など141人が参加し、各府県で行っている活動について意見交換や情報共有を図りました。

冒頭、主催者である全少協の山田晋作理事長と警察庁生活安全局小西康弘少年課長が挨拶した後、警察庁指定広域技能指導官・佐賀県警察本部生活安全部少年課課長補佐の桑原宏樹氏が、「ともに歩む」と題して基調講演を行いました。

また、実際の大学生ボランティア6人をパネリストにしたパネルディスカッションも実施しました。姫路獨協大学副学長・道谷卓氏をコーディネーターに、京都、兵庫、山口、香川、長崎、沖縄県を代表する大学生ボランティアが壇上で「少年警察ボランティアに参加する意義 ~ 大学生として、今、何ができるか ~」をテーマに、意見を発表しました。パネリストたちはそれぞれ参加の動機や日頃の活動などを熱心に語り、会場との質疑応答でも活発な討議が展開されました。

最後に、公益財団法人全国防犯協会連合会田中法昌専務理事が講評を行いました。

参加した県から、「他の県がどういった活動を行っているかこの研修会で知る機会ができた」との意見が寄せられ、また、参加学生からも「ボランティアの活動を通して少年とより多くの時間を過ごしていきたい」などと有意義な研修であったとの反応が当協会に寄せられています。

本事業は、高齢化の進む少年警察ボランティアの後継者として人材の多様化を目指し、裾野拡大施策の一つとして開催しました。

パネリスト(敬称略)
立命館大学大学院修士課程2年生(京都府代表) 齋藤 絢子
姫路獨協大学法学部4回生(兵庫県代表) 北浦 陽太
梅光学院大学文学部4年生(山口県代表) 綿谷 怜美
香川大学教育学部4年生(香川県代表) 木村 知世
長崎県立大学経済学部3年生(長崎県代表) 山野 湧水
琉球大学教育学部2年生(沖縄県代表) 屋良 皇稀

この研修会の内容についてまとめた報告書が下記からダウンロードできます。各種研修会等でご活用ください。

[PDF]研修会報告書のダウンロード(PDF 50.4MB)

▲上に戻る

Copyright (c) 2016 zenshokyo All rights reserved.