活動紹介

セミナー

少年警察ボランティアがインターネット利用の現状を認識し、その機能等を習得することを目的として、セミナーを行っています。

バックナンバーはこちら

平成29年度の実施内容

インターネット利用に係る非行及び被害防止対策セミナー

公益社団法人全国少年警察ボランティア協会主催、警察庁少年課及び公益財団法人全国防犯協会連合会後援、日本郵便株式会社年賀寄附金助成による「インターネット利用に係る非行及び被害防止対策セミナー」が、7月7日、博多サンヒルズで開催されました。

今回のセミナーは、当協会の平成29年度事業として九州管区警察局、九州地区8県、島根県、香川県及び山口県から、少年補導員をはじめとする少年警察ボランティア、それに各都道府県の担当警察職員等、総計105名が参加しました。

冒頭には、同協会山田晋作理事長のあいさつに続き、来賓でご後援をいただいている警察庁の山﨑広行少年課課長補佐からあいさつがありました。

セミナーの趣旨は、少年警察ボランティアの皆さんに対し、近年の日常活動で青少年のスマートフォン等のインターネット接続機器の利用が急激に進み、この不適切な利用により、青少年が犯罪の被害者や加害者となったりする現状に接し、また非行防止教室等で少年やその保護者にインターネットの適切な利用に協力を求める立場にあることから、現状を認識し、スマホ等の機能等を理解しておくことが必要なため、事情に精通している講師3名によるセミナーを実施したものであります。

はじめに、姫路獨協大学副学長のみちたにたかし氏が登壇。「サイバー空間の脅威~その法的規制と課題~」をテーマに講演。

次に、福岡県警察本部生活安全部少年課 特別捜査班長のまとふみたか氏が「児童の性的搾取事犯の被害事例に学ぶ被害防止対策」をテーマに講演。

続いて、株式会社ラック ICT利用環境啓発支援室 客員研究員のしちじょう氏が「情報社会を生きる子どもたち~被害者にも加害者にもさせないために~」をテーマに講演を行いました。

講演終了後、来賓でご後援をいただいている公益財団法人全国防犯協会連合会田中法昌専務理事から「統括・まとめ」がありました。

※詳細は「みちびき」147号(10月発行)に掲載されます。

また、この内容は「インターネット利用に係る非行及び被害防止対策セミナー報告書」として全少協から刊行されます。

▲上に戻る

Copyright (c) 2017 zenshokyo All rights reserved.