活動紹介

全国小学生作文コンクール

「わたしたちのまちのおまわりさん」という課題で、小学生作文コンクールを毎年行っています。応募した小学生本人だけでなく、関係した学校や家庭にも、犯罪や事故の防止、まちの安全などについて、関心や意識を高めてもらうことを目的にしています。

バックナンバーはこちら

令和元年度の実施内容

第28回全国小学生作文コンクール

「わたしたちのまちのおまわりさん」の受賞者決まる

主催:公益社団法人 全国少年警察ボランティア協会、
   読売新聞社、公益財団法人 日工組社会安全研究財団
後援:内閣府、警察庁、文部科学省
協力:公益財団法人 全国防犯協会連合会
   公益社団法人 日本青年会議所
   公益社団法人 日本PTA全国協議会

全国の児童が地域のおまわりさんとの触れ合いをつづった第28回全国小学生作文コンクール「わたしたちのまちのおまわりさん」の受賞者が決まりました。今年は低学年の部3,231点、高学年の部3,187点の計6,418点の応募があり、この中から優秀賞を除く14点が内閣総理大臣賞などに選ばれ、表彰式が12月21日(土)に東京都千代田区の読売新聞本社で行われました。

低学年の部・内閣総理大臣賞は福島県・会津若松市立一簣小学校1年、高橋瑛心君の「おほしさまになったおまわりさん」、高学年の部・内閣総理大臣賞には神奈川県・横浜市立白幡小学校5年、岡田東也君の「役に立ちたい」が選ばれました。

高橋君の作品は、自宅に置かれている東日本大震災で勤務中に津波にパトカーごと流され、今も行方不明のおまわりさんの写真について、お母さんから「このおまわりさんは、お母さんが高校生の時に一緒に剣道をやっていて、とても正義感が強く、このおまわりさんのおかげで沢山の人が助かったんだよ」と聞かされ、僕は、どうしておまわりさんは逃げなかったのかなと思いました。だけど、正義感が強いから津波から住む人達を守りたかったのだと思います。僕はヒーローのように思えました。今もお空の上でお星さまになって、まだ見つかっていない人たちを探してくれていると思います。僕もおまわりさんのような沢山の人の役に立てる大人になれるよう頑張るので見守ってください。と写真のおまわりさんへの思いを書いたものです。

岡田君の作品は、僕は小さいころから交番が苦手で、警察官は悪い人を取り締まる怖い人達に見えた。パスモを拾った時僕は交番に届けようとしたが近くの交番が空っぽで二駅先の交番まで歩いていくと、体格の良い警察官が立ちはだかった。パスモを拾ったことを伝えると、歩いてきたことに驚かれた。帰ろうとしたら母に電話をするというので「大変な心配性のお母さんの心臓が止まりませんように」と祈っていたら、受話器を持たされ「交番から電話があったらお母さん心配するから岡田君が先に拾い物の事を伝えてね。」と言われ僕の考えを分かってくれて、泣きそうなくらいうれしかった。交番を出るとき「どうしておまわりさんになろうと思ったか聞くと「役に立ちたくて」と返事があった。僕はこの警察官は人と接するのが好きで、相手の気持ちを読むのが上手で沢山の人と関わり助けてきたに違いないと思い、印象が変わり、身近に感じるようになった。僕も人の役に立つ格好良い人になりたいと思う。と交番の警察官への思いを書いたものです。

受賞者紹介 低学年の部

受賞者紹介 高学年の部

※全受賞42作品は読売新聞ホームページをご覧ください。
 https://info.yomiuri.co.jp/contest/edu/698.html
▲上に戻る

第28回全国小学生作文コンクール

「わたしたちのまちのおまわりさん」受賞作品が紙芝居に!

◎第28回全国小学生作文コンクール「わたしたちのまちのおまわりさん」低学年の部内閣総理大臣賞受賞作品「おほしさまになったおまわりさん」が、東日本大震災復興支援のため、後世に語り継ぐ物語として紙芝居になりました。

第28回全国小学生作文コンクール「わたしたちのまちのおまわりさん」低学年の部内閣総理大臣賞受賞作品「おほしさまになったおまわりさん」が、福島県のラジオ番組で紹介されたことをきっかけに、後世に語り継ぐ物語として、作文が出来るまでの物語を紙芝居にすることとなり、「一般社団法人まち物語作成委員会」・「おおくま町物語伝承の会」により作成されました。

大変素晴らしい作品(紙芝居)であることから、是非会員の皆様にもご覧いただきたいと思い、作成された会のご承諾をいただき、当ホームページに掲載いたしましたので、ご覧ください。

◎紙芝居を作成された会についてご紹介いたします。

一般社団法人まち物語作成委員会は、東日本大震災の復興支援のため、被災地のまち物語を紙芝居にするプロジェクトとして、3年間で100本を作ることを目標に2011年末より活動を始めました。このプロジェクトは全国各地の方々のご協力をいただき、3年強で目標を達成しました。現在も作成は続き、2019年度には160本に達する見込みです。作成された紙芝居は被災地を中心に被災者自らが読み手となり、福島をはじめ日本全国で上演されています。さらにこのプロジェクトから生まれた『浪江町消防団物語「無念」』はアニメーションにも発展し、国内はもとよりフランスやアメリカでも上映され、今も世界に発信され続けています。(ホームページより)

おおくま町物語伝承の会は、主に東日本大震災と原発事故で大熊町から会津若松市に避難している大熊町の有志の方々で構成されています。東日本大震災と原発事故で避難する前から大熊町の養護老人ホームなどで舞踊を披露するなどの慰問活動をしていました。避難で中断していましたが、平成24年6月から活動を再開し、平成24年に会津若松市で開催した舞踊発表会で、NHKの放送番組「鶴瓶の家族に乾杯」の取材を受け、全国に放映されました。多くの町民は全町避難から9年を経て、帰還を諦めた家族、年齢や家族構成などの諸事情でまだ迷っている家族など様々です。県内外各地で先の見えない避難生活で疲弊している大熊町の方々が、多く居住している公営復興住宅や仮設住宅などで、紙芝居と舞踊を上演して楽しんでもらうことで、一時的にでも心の復興(心の安らぎ)の一助となりたい。また、震災・原発事故後の福島の現状を知って頂き、風評被害の払拭と原発事故の風化防止に役立ちたいとの思いで設立されました。(ホームページより)

※おおくま町物語伝承の会会長から、「コロナ対応でイベントの開催が見通せませんが、「おほしさまになったおまわりさん」の紙芝居は秋以降に上演出来れば、と思っています。本会は6月1日から活動を再開し、9月頃からのイベント開催を目指して稽古に励んでいます」と力強いお言葉をいただきました。

[PDF]紙芝居のダウンロード(PDF 731KB)

▲上に戻る

Copyright (c) 2020 zenshokyo All rights reserved.