活動紹介

管区単位カンファレンス

管区内府県が参加して、活動事例紹介、情報や意見の交換などを目的として、それぞれの地域において行われています。

平成28年度の実施内容

▲ページ内リンク
北海道少年補導員連絡協議会

地域で考える少年の居場所づくり

北海道少年補導員連絡協議会(宮本久雄会長)は平成28年11月23日に、函館方面各警察署少年補導員、警察職員(函館方面本部長、函館方面本部生活安全課員)等計121人が参加して、函館市内の「フォーポイントバイシェラトン函館」で開催した。講演では函館児童相談所長阿部康子氏を招き「児童相談所の概要と相談事例から見た少年との関わり」と題して講演を実施。阿部氏は、「児童虐待について次世代にも影響が及ぶ問題と指摘し、相談事例を紹介しながら地域の子供たちが元気に育っていけるよう協力していきたい」と結んだ。講話では北海道函館方面本部長小笠原和美氏が、性暴力被害の実態を紹介し、被害者支援の重要性や、医療機関等との協働の必要性を訴えた。活動事例紹介では函館西警察署少年補導員連絡協議会の「ほのぼの隊」がハンドベル演奏を行った。次いでグループディスカッションは参加補導員をグループ分けにして「道南地域で考える少年の居場所づくり」をテーマに活発な意見討議が繰り広げられた。参加者からは、「これまで以上に地域の子供と真剣に向き合い立ち直り支援を通じて少年補導員の存在価値を高めたい」などの意見が寄せられた。

▲上に戻る

関東少年警察ボランティア連絡協議会

子どもの言葉は心に響き、時に人を動かす

関東少年警察ボランティア連絡協議会(金原道也会長)は平成28年11月11日、静岡市の静岡グランドホテル中島屋で関東管区内の少年警察ボランティア団体の会長等12人、静岡県少年警察ボランティア各地区会長等118人、警察職員ら24人が参加して地域カンファレンスを開催した。関東管区の少年警察ボランティア活動に関し、各都県と連携を密にして共通の研修会を設けることで活動の活性化を図り、少年非行防止および健全育成を目的に研修会を開催した。研修会では学校法人静岡豊田学園静岡豊田幼稚園理事長(元静岡県公安委員会委員長)宮下ちづ子氏が「子どもってステキ」と題して講演した。宮下氏は、幼稚園に体験学習に来た茶髪の中学生が、園児から「茶髪変だよ」などと正直な反応を示され翌日、黒髪に染めてきた例など、時に子どもの言葉は人の心を動かす力があることや、どんなに辛いことがあっても「帰る場所がある、相談する人がいる、ことを知って自分は一人ではないと感じることができれば生きていける」などと語った。参加者からは「子どもの言葉には、確かに人を動かす不思議な力があると思った」などの感想が寄せられた。

▲上に戻る

近畿少年補導員等連絡協議会

少年の心の傷を癒やす環境作り

近畿少年補導員等連絡協議会(山口裕基会長)は平成28年6月3日午後2時から、大阪市中央区のホテルプリムローズ大阪で地域カンファレンスを開催した。参加者は少年補導員・協会役員等48人、管区内府県警察官・サポートセンター職員37人、管区警察局4人の計89人。研修会の冒頭、少年補導功労者・功労団体の表彰式が行われた。近畿少年補導員等連絡協議会の山口会長と近畿管区警察局広域調整部長が挨拶。表彰式では個人28人と6団体が表彰を受けた。研修会では、法務省大阪少年鑑別所次長法務教官、犬飼誠氏が「心の傷と少年非行の関係性」と題して基調講演を行った。犬飼氏は「少年鑑別所の行政目的、沿革」、「少年が非行に至るまでの傷ついた心の変遷や、虐待からの非行に至った事例」「心の傷の回復に向かって少年と共に生き育むための心構えや対処方法、環境作り」等についての講演を行った。会場の参加者からは活発な質疑がなされ関心の高さがうかがえた。

▲上に戻る

九州少年警察ボランティア連絡協議会

各県が工夫を凝らした独自の活動を発表

九州少年警察ボランティア連絡協議会(副田茂喜会長)は平成28年7月21日、宮崎県宮崎市内のニューウェルシティ宮崎で管区単位地域カンファレンスを開催した。参加者は管区内各県少協会長ら61人が出席した。各県少協会長等研修会では、福岡県(非行等の問題を抱えた少年に対する立ち直り支援活動)、佐賀県(立ち直り支援と他団体とのネットワーク構築)、長崎県(長崎県少年補導員大会の開催)、熊本県(肥後っ子の居場所づくり事業)、大分県(各種研修会等の開催による少年警察ボランティアの活性)、宮崎県(少年警察ボランティア参加のTT非行防止教室の実施)、鹿児島県(少年の立ち直り支援活動)、沖縄県(「少年ふれあい交流スポーツ大会」の開催)とそれぞれの事例発表と協議が行われた。次いで、長崎、大分、宮崎県警察本部の課長補佐による発表と協議が行われた。特別講演では、一般社団法人サポートハウス虹のスクールソーシャルワーカー、太田原ひとみ氏が「問題を抱える児童・生徒との関わり方について」と題して講演した。

▲上に戻る

Copyright (c) 2017 zenshokyo All rights reserved.