活動紹介

地域ふれあい事業

少年たちに、地域の人たちとふれあい、地域社会のことを知ることを通して、健全な精神、連帯感、コミュニケーション力などを身につけてもらうよう、地元伝統行事参加、地場産業見学、公共施設清掃、福祉施設等でのボランティアなど、社会参加や社会体験のできる機会を、全少協と都道府県少年警察ボランティア協会が協力して設ける活動です。

平成29年度の実施内容

▲ページ内リンク
岩手県少年警察ボランティア協会

県下5地区で非行少年を生まない社会づくり

岩手県少年警察ボランティア協会(切金一夫会長)は平成29年9月から同年11月にかけて、県内5地区において地域ふれあい事業を実施した。参加者は少年87人、少年警察ボランティア140人、警察職員、保護者、関係者等475人ら総計702人が参加した。盛岡西地区では「創ろう心と体」~メイク・クック・あおやま~と銘打ってフラワーアレンジメントの創作と料理教室を実施。一関東地区では、世代間交流「ふれあい収穫祭」と題し稲刈りや餅つきなどを実施。気仙地区では、花と育む豊かな心~わくわくスマイル大作戦~として、児童と少年警察ボランティア等がプランターに季節の花を植えるとともに、寄せ植えに個々の目標や家族への感謝の言葉を書いたカードを添え、家族と地域の絆を深めた。宮古地区では中学生との健全育成交流試合「KASAIカップ」を開催し、中学校野球部と少年警察ボランティアや警察官等が試合を通して少年の非行防止を図った。下閉伊北地区では、番屋を作ろう!塩づくりと、銘打って台風被害地域の中学生を対象に「非行少年を生まない社会づくり」の一環として、地場産として田野畑村の海水を使用した塩づくりを体験させ健全育成を図った。

▲上に戻る

千葉県少年警察ボランティア協議会

つるし雛作りで健全育成

千葉県少年警察ボランティア協議会(田口浩会長)は平成29年11月15日、御宿町立御宿中学校で「つるし雛作り」等の地域ふれあい事業を開催した。御宿中学校の生徒37人、少年警察ボランティア12人・御宿町商工会女性部員指導者10人、学校関係者・いすみ警察署署員・県警察本部少年課員ら26人、計85人が参加した。体験活動に先立ち、千葉県いすみ警察署少年警察ボランティア連絡会会長並びにいすみ警察署長及び御宿中学校生徒代表がそれぞれ挨拶を述べた。つるし雛作りは、御宿町商工会女性部員が指導に当たり、作品はいすみ警察署に飾られ、その後御宿町観光行事「おんじゅくまちかどつるし雛めぐり」で展示された。参加した生徒は「警察の人と一緒になり、最初は緊張したが楽しかった」などと体験の喜びを述べていた。指導に当たった少年警察ボランティアは「地域、学校、警察が一体となって子供たちと触れ合うことができ、大変有意義であった」などと本事業の手応えを感じていた。本事業は、生徒、地域住民及び警察関係者が協働した活動として、新聞紙上に記事が掲載された。

▲上に戻る

Copyright (c) 2018 zenshokyo All rights reserved.