活動紹介

地域カンファレンス

全少協と都道府県少年警察ボランティア協会(県少協)の共催で行われる研修で、少年警察ボランティアの知識や技能の向上、情報交換、警察・学校・PTA等関係機関との連携協力体制づくりなどを目的として、それぞれの地域においてテーマ等を決めて行われています。

※この活動には(公財)日工組社会安全財団の助成を受けています。

平成29年度の実施内容

▲ページ内リンク
宮城県少年補導員協会

県内4ブロックでカンファレンス

宮城県少年補導員協会(竹田英子会長)は平成29年11月中に、4ブロックで地域カンファレンスを実施。少年警察ボランティア、警察職員の計246人が参加した。中央ブロックは11月28日に仙台市青葉区の「学校法人宮城学院ランディス館ホール」で開催。宮城学院女子大学教授白石雅一氏が「発達障害と犯罪の関係~その理解と防止・対策~」と題して講演した。沿岸ブロックは同月9日に南三陸町「戸倉公民館」で開催。気仙沼あそびーばーの会鈴木美和子氏が「遊びを通じた子どもの心身の回復と成長について」と題して講演を行った。仙北ブロックは同月24日涌谷町の「涌谷公民館」で宮城教育大学教授鵜川義弘氏が「児童生徒の携帯電話の利用実態の把握と適切な指導」と題して講演した。仙南ブロックは同月30日大河原警察署で、おおがわら子どもの心のケアハウス、スーパーバイザー堀努氏が「大河原町の不登校児童生徒への支援」と題して講演した。少年補導員からは、一同にこの研修会を通して「普段聞けない講演が聴けて、活動に役立てたい」との感想が寄せられた。

▲上に戻る

秋田県少年保護育成委員連絡協議会

秋田発~次代を担う少年達と共に

秋田県少年保護育成委員連絡協議会(坂田谷義憲会長)は平成29年9月1日、秋田市北部市民センターで「次代を担う少年達と共に」をテーマに地域カンファレンスを開催した。出席したのは、少年保護育成委員ら264人。研修会の冒頭、永年勤続功労の86人に対し警察本部長感謝状が贈呈された。研修会では北秋田市教育長の佐藤昭洋氏が、「子どもが心を開く時」~不登校事案を中心に~という演題で講演を行った。佐藤氏は、教員時代に受け持った不登校児童との係わりを振り返り、「大人が真剣に愛情を注いだ時、初めて子供が心を開くことや子供と真剣に向き合う姿勢が大事」などと講演した。続いて活動発表では、鹿角・小坂地区少年保護育成委員会が「心に優しさと強さを」~新たな目標への挑戦のために~について、鷹巣・森吉地区少年保護育成委員会が「見守り・励まし・育む活動」について、と題してそれぞれ発表した。参加者からは、講演は、「子供と真剣に向き合うことについて、自らを振り返る良い機会になった」、事例発表では、「具体的できめ細かな活動内容がよく分かった」との感想が寄せられ、本カンファレンスの効果が認められた。

▲上に戻る

山形県少年補導員連絡会

県カンファレンスで学生ボランティアが発表

山形県少年補導員連絡会(佐藤重勝会長)は平成29年9月27日、山形県自治会館で地域カンファレンスを開催した。出席したのは、少年補導員16人、警察・その他関係者59人計75人が出席した。開催の冒頭、山形県警察本部生活安全部長、山形県少年補導員連絡会会長の挨拶のあと、先に行われた、「全国少年警察学生ボランティア研修会」の発表報告が行われ、山形大学の学生が研修会で発表した内容を述べた。次いで活動事例発表が行われ、少年補導員活動事例発表では、寒河江地区の少年補導員が、中学生作成の「小学生向け少年非行防止紙芝居」を活用した非行防止教室の開催について発表。次に、少年非行・被害防止ネットワーク事業活動事例発表では、2つの中学校区がネットワーク事業活動を発表。対話会では、「これからの少年警察ボランティアのあり方について」をテーマに小グループに分けて対話会を実施し、その結果を全体討議で発表後、山形大学大学院教育実践科准教授山内隆之氏がコーディネーターとして意見を集約した。最後に山形県警察本部生活安全部少年課長の講評でカンファレンスを終了した。

▲上に戻る

福島県少年警察ボランティア連絡協議会

県内3地区で研修会

福島県少年警察ボランティア連絡協議会(二瓶裕子会長)は平成29年11月及び12月に、少年補導員の自主活動の推進及び活動の活性化を図るため、県内3地区において地域カンファレンスを実施。少年警察ボランティア158人、警察職員25人計183人が参加した。相双地区は、11月2日にかしま交流センターで開催し、NPO法人明日飛子ども自立の里理事長清水国明氏が「地域に必要な子どもたちへの支援」と題し講演した。会津地区は12月11日にピカリンホールで元保護観察官熊坂律子氏が「保護観察官としての経験を踏まえた少年との関わり方について」と題し講演した。次いで会津地区の活動報告がなされた。県北地区は12月13日に福島テルサで福島県教育センター目黒朋子氏が「スマホ・SNS時代に育つ子どもたち~大人のできること・すべきこと~」と題し講演した。次いで福島県警察本部生活環境課サイバー犯罪対策係齋藤洋二氏が「サイバー犯罪情勢について」と題し講演した。参加した少年警察ボランティアは「学んだことを地域に生かしていきたい」などの感想が寄せられた。

▲上に戻る

群馬県少年補導員連絡協議会

それぞれの役割が少年を救う

群馬県少年補導員連絡協議会(小林昭紀会長)は平成29年11月7日に少年警察ボランティア、警察職員など計248人が参加した地域カンファレンスを前橋市群馬会館ホールで開催した。研修会の冒頭、群馬県少年補導員連絡協議会小林会長、群馬県警察本部生活安全部長から、それぞれ開会あいさつが行われた。研修会の第1部では、群馬県教育委員会事務局生涯学習課社会教育主監都丸一郎氏が「社会全体で、家庭教育を応援『次代を担う子どものために』~ぐんまの家庭教育応援条例から~」と題して講演を行った。都丸氏は、保護者や祖父母の世代の役割、学校の役割、我々地域住民の役割等、それぞれの立場から、様々な応援ができることを熱く語った。第2部は、落語家の立川朝志氏が「防犯落語」を行った。立川氏は、オレオレ詐欺などの被害防止など被害に遭わない防犯意識など巧みな話術で会場を沸かせた。今回の全体集会は、少年の非行防止、健全育成を進めていく中で、知識・技能の習得が図られ、参加した少年補導員からは、「今後も自分たちの地元でも地区活動を活発に更に充実させたい」などの意見が寄せられた。

▲上に戻る

神奈川県少年補導員連絡協議会

県内10ヵ所で様々なテーマを専門家から学ぶ

神奈川県少年補導員連絡協議会(清水一明会長)は平成29年8月から翌年2月にかけて横浜市、川崎市など県内10ヵ所で地域カンファレンスを開催。少年補導員636人、警察職員・関係者等165人が参加した。横浜市では4地区において実施。横浜第1地区では、「複雑な事情を抱える少年との接し方について」、横浜第2地区では、NTTドコモの講師を招き「スマートフォンとインターネットの仕組みやトラブル対策について」、横浜第3地区では、「青少年の自立に向けた取り組みについて」、横浜第4地区では、「少年非行の現状と少年相談・保護センターの役割について」、川崎地区では、「子供のLINE利用の実態やトラブル事例とその防止策について」、三浦地区では、「子供の貧困問題に関する現実やその支援等について」、湘南地区では、「少年を取り巻く環境の実態と非行少年の立ち直り支援について」、県西地区では、「少年の非行防止と立ち直り支援について」、県央地区では、「教職員に対するサイバー教室の実施要領等について」、相模原地区では、「少年補導員に対する災害発生時の対応について」等と各地区において様々なテーマについて専門家等による研修会が開催された。

▲上に戻る

長野県少年警察ボランティア協会

県内2地区で健全育成研修会

長野県少年警察ボランティア協会(横山裕行会長)は平成29年9月と11月に東信ブロックと南信ブロックで地域カンファレンスを開催。少年警察ボランティアをはじめ計195人が参加した。東信ブロックは9月13日に上田警察署で開催。研修会は、歴史・民俗学研究家の益子輝之氏が「真田一族の絆」と題し講演した。益子氏は真田一族にまつわる史実、戦国武将の生きざまから、現代の青少年が学ぶべきことについて講話。南信ブロックは11月27日に伊那市ニシザワいなっせホールで開催。オープニングで諏訪少年警察ボランティア協会員による啓発紙芝居と寸劇が行われた。講演は上田市真田町の山家神宮宮司押森慎氏が「いにしえをかんがえ、いまをてらす」と題して講演した。押森氏は、神社も子供を見守る役目を担っている。見守ることの大切さ、その見守ってくれる存在を意識することが非行防止に繋がるなどと講演した。続いて伊那市立長谷中学校生による南アルプス太鼓の演奏と活動発表が行われた。参加者からは、「少年を取り巻く環境が複雑になっており、人間関係が希薄化している現状を改めて考えさせられた」などの意見が寄せられた。

▲上に戻る

石川県少年補導員連絡協議会

2日間にわたって「石川っ子あすなろ塾」研修会

石川県少年補導員連絡協議会(太田治郎会長)は平成29年11月16、17日に少年警察ボランティア、関係機関職員、警察職員など計110人が参加した地域カンファレンスを石川県警察本部大会議室で開催した。16日は、石川県警察本部生活安全部長から、「この研修を通じて、今後、各地区での立ち直り支援活動を盛り上げていただきたい」などと開会あいさつがあった。次いで同本部少年課長から県内非行概要説明があり、県内の少年非行の状況及び福祉犯被害状況や非行防止対策及び保護対策などについて説明した。講演では、警察庁指定広域技能指導官宮城県警察本部生活安全部少年課少年相談指導官石原智子氏が「非行少年を生まない社会づくり」と題して講演を行った。17日は、金沢星陵大学で石原氏と大学生ボランティアとの意見交換会を開催した。石原氏は「少年警察ボランティアの役割は大きい、それぞれの年齢層のボランティアが、それぞれの役割分担で活動を行うこと」などと説明し、大学生ボランティアからは「立ち直り支援活動で関わった子供達の変化について聞くことが出来て良かった」などと述べた。

▲上に戻る

京都府少年補導連絡協議会

薬物乱用と居場所づくりの必要性

京都府少年補導連絡協議会(千玄室会長)は平成29年11月12日に京都市下京区の「京都リサーチパーク」において地域カンファレンスを開催した。少年警察ボランティアをはじめ、警察職員等143人が参加した。研修会の冒頭、表彰式が行われ、多年にわたり少年の非行防止活動等に尽力し、多大な功績が認められる者(団体)に対し、京都府警察本部長・京都府少年補導連絡協議会会長連名の少年補導功労者表彰、少年補導功労団体表彰が行われた。研修会では、京都府精神保健福祉総合センター相談指導課長村澤孝子氏が「配慮の必要な子供の様子と家族背景」と題して講演した。村澤氏は臨床面談の事例から、学校や家庭に居場所がなく孤独感・孤立感を抱えた少年が薬物使用に走りがちである。また、薬物依存者が思春期前期にうつ・不安(ひきこもり・自傷・不登校・いじめ被害)を経験し、治療されないまま薬物依存に至る場合が多いなどと講演した。協議会では、薬物乱用等の非行少年が抱える問題を踏まえた上で、地域全体で少年を見守り支える必要性を確認し少年警察ボランティア活動の一層の推進を決意した。

▲上に戻る

奈良県少年補導員協会連合会

困った子は困っている子

奈良県少年補導員協会連合会(橋本芳廣副会長)は平成29年7月22日橿原市の「かしはら万葉ホール」で地域カンファレンスを実施し、少年補導員293人、その他ボランティア等258人ら計551人が出席した。

主催者挨拶は、奈良県警察本部長、奈良県少年補導員協会連合会副会長、奈良県教育委員会事務局教育次長の順に行われ、来賓祝辞は橿原市副市長が行った。

第1部では、少年補導員の活動に関する講習として少年課課長補佐が少年非行情勢等について講習を行った。続いて大学生ボランティア「少年フォローズ奈POLI」が、「児童ポルノ被害から学習支援など立ち直り支援活動における活動状況を報告し、「子供を守るために~ちょっと待って!撮らない!送らない!~」と題した「自画撮り被害」防止啓発のための寸劇を実施した。第2部の基調講演では滋賀刑務所教育専門官小西好彦氏が、「心をつなぐ言葉かけ」題し、大人は「困った子は困っている子である」との認識に立って少年の相談相手になってもらいたいと説いた。参加者からは「今後、少年の良き相談相手になりたい」などの感想が寄せられた。

▲上に戻る

和歌山県警察少年補導員連絡協議会

2日間にわたり秋期研修会

和歌山県警察少年補導員連絡協議会(半田德夫会長)は平成29年10月2、3日、和歌山県勝浦町の「ホテル浦島」で「平成29年度和歌山県警察少年補導員秋期研修会」を2日間にわたり開催した。出席したのは、少年補導員ら111人。研修会1日目は、半田会長の挨拶のあと、続いて和歌山県警察本部少年課長の挨拶が行われた。続いて県警本部少年課調査官による「少年の非行概況等」について説明があった。次にサイバー犯罪対策室課長補佐等による「サイバー犯罪の現状と対策」について講演した。次に真宗大谷派淨泉寺山口範之住職による「決めつけない」という演題で講演した。研修会二日目は、警察本部長挨拶のあと和歌山市、紀北、中紀、紀南の各ブロックの代表者による各会の情勢や各種活動状況等について発表。続いて和歌山東警察署少年補導員連絡会三栖康孝名誉顧問による「今どきの若者と大人たち」と題し講演。次に半田会長から研修会の講評のあと、来年度担当の中紀ブロック代表の会長の挨拶で各ブロックへの協力と参加を依頼し、本研修会を締めくくった。

▲上に戻る

鳥取県少年健全育成指導員等連絡協議会

家庭、地域など、絆の大切さを再認識

鳥取県少年健全育成指導員等連絡協議会(八木橋柳一会長)は平成29年11月13日に、鳥取県警察本部大会議室において地域カンファレンスを実施。少年警察ボランティア、警察職員を含む計108人が参加した。冒頭、鳥取県少年健全育成指導員等連絡協議会会長並びに鳥取県警察本部生活安全部長挨拶のあと、美保学園統括専門官の遠地正則氏が「少年非行の特性と支援」と題して講演した。遠地氏は、少年が社会的逸脱をしないための絆づくり、破れ窓理論を参考とした安心できる環境構築等ついて説明。次いで、鳥取県暴力追放センター専務理事の永井克司氏が「暴力団情勢と少年を暴力団から守る活動について」と題し講演した。警察本部説明は、少年サポートセンター長から「少年サポートセンターにおける立ち直り支援について」、少年課員から「鳥取県の非行情勢」などについて説明があったほか、本研修に参加した大学生ボランティアから、農業体験参加活動などについて発表がなされた。参加者からは、「家庭、地域などの絆が大切であることがよく分かった」などと反響が大きかった。

▲上に戻る

広島県少年補導協助員連絡協議会連合会

少年警察ボランティアは非行少年のよりどころ

広島県少年補導協助員連絡協議会連合会(木戸経康会長)は平成29年9月に東部及び西部のブロック別、地域カンファレンスを実施。少年補導協助員、警察職員を含む計231人が参加した。東部ブロックが、9月2日福山市で、西部ブロックが9月10日広島市でそれぞれ開催した。本年度の研修会は、少年鑑別所の職員や犯罪・非行臨床心理学に造詣の深い大学助教を講師に招き「近年の非行少年の現状や少年警察ボランティアを始めとした地域社会が非行少年のために何ができるか」という点について主眼を置いた研修会を開催した。東部ブロックは、広島国際大学心理臨床センター特任助教毛利真弓氏が「非行からの離脱を促す支援とは~地域社会や大人の役割~」と題し講演を行った。西部ブロックは、広島少年鑑別所首席専門官伊藤泰彦氏が「少年鑑別所で出会った子供たちとの関りから感じたこと・考えたこと」と題して講演を行った。参加した協助員からは「普段、非行少年と接するときは、自分の経験や価値観を基に指導をしてしまいがちだが、それだけでは子供のことを理解することはできないことが分かった」などの意見が寄せられ、実のある研修会となった。

▲上に戻る

香川県少年警察補導員連絡協議会

近隣地区とのディスカッションで健全育成

香川県少年警察補導員連絡協議会(大熊博行会長)は平成29年12月に2地区で「地域カンファレンスinかがわ」と題して地域カンファレンスを実施。少年警察ボランティア、警察職員を含む計112人が参加した。東讃・西讃地区とも研修内容は同じで、はじめに香川県少年警察補導員連絡協議会会長と香川県警察本部少年課長の挨拶が行われた。続いてのディスカッションは、各地区代表者による活動事例発表が行われ、地区協議会の紹介に続いて、活動事例や活動上の問題点などについて発表があった。次いで意見交換では、各地区協議会が発表した活動内容に対する質疑や問題提起した点についての意見を参加者全員で討議。エンディングは、長期体験活動(いちご栽培農業体験・野菜づくり農業体験)の活動状況や、参加した立ち直り支援対象少年及び保護者・少年警察ボランティアのインタビューをDVDにまとめたものを放映した。参加者からは、「近隣地区の取組を知ることができたので、今後の活動にするとともに、次回は学校や育成センター等の関係機関とディスカッションをしたい」などの感想が聞かれた。

▲上に戻る

公益社団法人福岡県少年警察ボランティア協会

インターネット現状を学ぶ少年警察ボランティア

公益社団法人福岡県少年警察ボランティア協会(副田茂喜会長)は平成29年11月22日、カンファレンス事業として久留米市内のホテルニュープラザ久留米において「筑後地区少年警察ボランティアリーダー研修会」を実施した。参加者は筑後地区警察署少年補導員連絡会補導員、警察職員、関係機関等計102人が参加して行われた。研修会の冒頭、筑後地区少年補導員連絡会会長及び福岡県警察本部少年課少年健全育成室課長補佐の挨拶が行われた。次いで県警本部少年課久留米少年サポートセンター少年補導員森治美氏が「少年非行(被害)情勢及び声かけ要領」等について説明。次に、株式会社ラックICT利用環境啓発支援室客員研究員七條麻衣子氏が「情報社会を生きる子ども達~大人の役割とは~」と題し講演した。七條氏はインターネットを実際につないで、子ども達を取り巻くインターネット社会の現状、インターネットに関するトラブル(被害)事例、大人が果たす役割などについて詳細に講演。参加者からは、「インターネット社会の現状がよく理解できた。子ども達からインターネットの相談を受けた際の参考にしたい」などの感想が寄せられた。

▲上に戻る

佐賀県少年補導員連絡協議会

少年補導員制度発足50周年記念大会

佐賀県少年補導員連絡協議会(野田豊秋会長)は平成29年12月16日に、「佐賀県少年補導員制度発足50周年記念大会」を小城市の「ドゥイング三日月」で開催した。少年警察ボランティア174人、一般ボランティア9人、非行歴を有する少年ら7人、佐賀県公安委員長、警察職員・その他関係者等55人計246人が参加した。初めに、オープニングパフォーマンスとして、佐賀県警察音楽隊による「よさこいソーラン節」にあわせて、少年とボランティア等が演舞を行った。第1部では、開会の言葉に続いて主催者あいさつ、奨励表彰、来賓紹介が行われた。第2部では、少年補導員の50年のあゆみをパワーポイントで説明。次いで、パネルディスカッションでは、地区代表の補導員と元支援少年及び少年サポーターをパネラーにして、「子供の心に寄り添うために~今、大人にできること~」と題し、ディスカッションを実施。最後は、参加者全員で「上を向いて歩こう」を合唱した。奨励表彰を受けた、元非行少年の親は、「娘が立ち直り、今日この舞台で表彰を受け誇らしく思う」などの感想が寄せられ、中身の濃い50周年記念大会を終えた。

▲上に戻る

沖縄県少年補導員会連絡協議会

沖縄・大阪合同少年警察ボランティア等地域カンファレンス

沖縄県少年補導員会連絡協議会(中村幸孝会長)並びに大阪少年補導員連絡協議会(山口裕基会長)は平成29年11月9日に、「沖縄・大阪合同少年警察ボランティア等地域カンファレンス」を那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハで開催した。沖縄県並びに大阪府両府県の少年警察ボランティア、警察本部少年課、各警察署少年担当警察職員など計155人が参加した。研修会の冒頭、両府県の会長、沖縄県警察本部生活安全部少年課長から、それぞれ開会あいさつが行われた。次に、大阪府警察本部生活安全部少年課補佐が少年サポートセンターの新たな取り組み「科学的アプローチについて」と題して講演した。講演内容は「少年問題行動の背景について心理テストを活用し、科学的に調査し分析結果をデータ化して客観的な助言・指導を実施する」などと講演した。次いで沖縄県警察本部生活安全部少年課少年サポートセンター所長が「沖縄県の少年非行概況」について講演。講演内容は沖縄の非行状況のまとめと、少年非行の要因と背景などを事例や統計を用いて詳細に説明。活動事例発表は、両府県会長がそれぞれ発表し、両府県による合同カンファレンスは盛況裡に終了した。

▲上に戻る

Copyright (c) 2018 zenshokyo All rights reserved.